Junior in Japan
日本の不動産賃貸について
日本で新生活を楽しんで過ごせるように、住まいは大切です。そのため、日本に来る前に、日本にいれば住みたい地域の平均家賃を調べる、母国で一生懸命貯金している人もたくさんいますよね。ただし、日本で家を借りたら、家賃のほか払わなければならない費用もあるということがご存知でしょうか?今回、日本の賃貸の注意点について、紹介したいと思います。 【敷金】 敷金とは入居者が滞納や部屋の破損等、万が一に問題が起こった場合に備えて大家様に預けておくお金です。この費用は基本的に2ヶ月分の家賃で、もし、契約が終わった時、部屋が汚されたり設備が壊されたりしたら、修繕にかけた費用は敷金から引かれ、残ったお金を入居者に返還します。その他、ペットを飼っている場合、もう1ヶ月分の敷金を追加する可能性があるので、気をつけてください。 【礼金】 礼金は主に「お礼のお金」として払うお金です。日本での「礼金」の習慣は、戦前に定められた「地代家賃統制令」が始まりだといわれています。家賃の値上げが難しくなったので、礼金というものを設けて先にもらってしまおうというのが始まりだそうです。礼金は大体 1ヶ月分の家賃で、敷金と違い、契約終了後も戻ってきません。 【保証人・保証会社・保証料】 外国人にとって大変なのが「保証人探し」です。 日本では、外国人の人が日本で賃貸物件の契約をする場合には、日本人の保証人が必要になります。まだ、日本に来たばかりの皆さんにはこれが一番ハードルが高いと思われます。 海外では保証人という制度は少なく緊急連絡先として友人や家族の連絡先でも大丈夫な場合がほとんどですが、日本では、日本人か外国人など関係なく、保証人を用意しなければなりません。 ビジネスで来ているならば、会社の上司や同僚にお願いするといいでしょう。留学生の場合は、学校の教師などにお願いしてみましょう。 保証人が見つからない場合などは、保証会社を使うことによって契約が可能になる場合もあります。保証会社とは、借主から保証料を受け取り家賃が滞納された場合などに借主に代わって家主に支払ってくれるシステムです。保証料は大体1ヶ月分の50%~100%です。 近年在日外国人数の増加に従い、レオパレス21、Oakhouse、各種シェアハウスなど保証人が要らない外国人向けの不動産屋さんも増えてきました。なので、住まいを探す時、できる限り多くの不動産屋さんにお問い合わせ、最適な住まいを見つけましょう。
日本人らしく電車に乗りましょう!
どこの国にも、外国人として住んでいたら、カルチャーショックを受けるのは避けられないでしょう。日本に来てから感じた文化の違いと言えば、何を思い出しますか? 自分の経験としては、海外から日本に戻り、家への電車に乗ったとたん、自分が日本にいる実感が湧いて来ました。それはなぜでしょうか? 皆さんは通勤・通学時間の電車に乗ったことがありますか? 毎日午前8時~9時と午後6時~7時という通勤・通学の時間になったら、どの線の電車も乗客が動けないほど混んでいます。日本に来てから2年間だけで、電車の中で混雑し過ぎで壊れた弁当箱が2個もあります。 しかし、日本で生活し始めたばかりの初心者にとって、その混雑状況より、満員電車の中での静かさの方が印象に残っているのでしょう。車内に人がいっぱいいますが、何かしゃべっている人は一人もいません。車内は全体的に針が地面に落ちた音も聞こえるほど静かになります。もちろん、そのようなできる限り静かに乗る文化は満員電車だけでなく、空いている普通の電車でも感じられます。なので、電車に乗り込んだのに、話したり、笑ったりしている声が聞こえて来なかったら、「あぁ。。。日本にいる」と分かるのです。 日本人らしく電車に乗るコツは、静かに電車に乗る他に、何かありますか? <スマホをマナーモードにする> 日本で電車に乗った経験があれば、「携帯電話はマナーモードにしてください。」という放送を聞いたことがありますよね! 電車の中で静かにする文化は、乗客の車内での会話を控えるだけでなく、スマホから聞こえる着信音や電話でしゃべるという「騒々しい会話」も避けた方が良いと思います。 <優先席付近では携帯電話の電源を切る> 先日、日本にいる友達が電車でお年寄りに𠮟られたことを聞きました。それにちょっと驚いて、友達に詳細なエピソードを教えてもらいました。 彼女は通勤時間に優先席の近くでスマホでメールの返信をしていたところ、優先席に座ったお年寄りに「常識がないの?!」と𠮟られてしまいました。 なぜ優先席の近くで携帯の電源を切らないといけないかというと、最初は携帯電話の電波が優先席にいる方々の体に付いている医療機器の誤作動を起こし、命を落とす可能性があったから、ということです。今は科学の進歩に従い、医療機器に対して、携帯の電波の影響は実はほぼなくなりましたが、そのルールは昔のまま残っています。 ちなみに、優先席の利用について、日本が海外とちょっと違っているところがありますよ。例えば台湾では、優先席に座れる条件はしっかり定義され、守られています。なので、電車やバスが混んでいでも、優先席が空いている場合が多いですね。一方、日本では、優先席の利用がそんなに厳しくないので、優先席が空いていたら、誰でも座れます。 <乗降マナー> 日本で、電車が来る前に、みんな普段は自動的に2列になって、電車を待っています。電車が来たら、車内から降りる乗客が全て降りてから乗ります。また、もし、電車を降りたいけれど車内が混んでいて動けない場合、「すみません、降ります。」と周りの人が聞こえる大きさで言ったら良いです! 今回紹介したマナーは正式的な法律ではありませんか、ちゃんど守らないと、周囲から冷たい目で見られてしまうかもしれませんよ。もし、日本でどう行動すれば良いかが判断できない場合、一つのヒントは「他人に迷惑をかけないようにする」という日本文化から考えましょう!
日本に行く前に、これを準備しないと…
日本に行きたかったら、どんなものを持って行った方が良いですか?日本は生活の便利さで知られているので、観光客として日本に行ったら、スーツケースしか持っていなくても大丈夫だそうです。しかし、長期間で日本に住むつもりである方々だったら、母国から日本に持って行かないといけないものが必ずありますよね。今回、台湾人を例として、台湾から日本に行く時、どのようなものを持っていくべきかを紹介します。 【印鑑・ハンコ」 日本でハンコ文化があり、ハンコは何をするのにもはんこがいるほど使われています。そのため、日本のハンコには色々種類があります。このような状況で、日本に行ってからハンコを買っても良いはずなのに、どうして台湾で買うべきですか?それはコーストの考えなんです。台湾でハンコ1本300円くらいで買えますが、日本でハンコ1本の値段は少なくとも2000円になります。その上、台湾でハンコを作るのにかかった時間も日本より短いです。コーストと便利さの面から考えると、台湾でハンコを買った方がスマートだと思います。 ただし、日本のハンコは種類によって使えると使えない場合があるので、台湾で日本用のハンコを買う時、気を付けないといけません。基本的なルールは丸型のハンコとフールネームを記載することという二つです。 参考として、日本でよく使われているハンコは以下の三種類です。 ● 実印:実印はハンコの中で、もっとも重要な印鑑であり、法律上・社会上の権利・義務の発生を伴います。契約書、遺産相続、不動産取引きなど重要な契約に使用します。 ● 銀行印:金融機関で利用するハンコです。銀行印は預金通帳に登録されているので、金融機関や口座ごとにハンコを使い分けることがベストです。 ● 認印:日常生活に使う一般的なハンコ。通常は姓のみを彫刻し、押印用として携帯するハンコです 【証明写真】 日本では写真館もあり、その他、証明写真機もどこにも設置していますが、どうして台湾から持った方が良いのですか?先ず、台湾の写真館は写真を撮ることから美肌加工までパッケージサービスとして販売しています。しかも、顧客に写真を渡す時、写真だけでなく、美肌加工をした写真のデータも渡します。そのおかげで、当時もらった写真を全部使っても、もう一回写真を撮る必要がありません。一方、日本の写真館で、美肌加工というサービスをもらいたかったら、追加料金でもらえる上に、写真のデータがもらえません。外国人が日本に住んでいたら、ビザの変更や就職活動などのため、証明写真を使うところが必ずあります。もし、時間があれば、母国で証明写真を撮った方がおすすめだと思います。 参考: https://livesjapan.blogspot.com/2017/06/blog-post_21.html
新居での第一日目なのに、水が出ません!
皆さん、母国で引っ越ししたことがありますか?引っ越しする前に、どんな準備すべきですか?日本で新しい住まいで新生活を始める前にガス、電気、水道の契約(解約・開始)手続が完成しないといけません。 今回、ガス、電気、水道、それぞれの手続き方法について詳しく紹介していきます。 【ガス】 皆さんが住む予定の家ごとに、契約できるガス会社が決まっています。基本的には住む家を紹介してくれた不動産屋さんがガス会社の案内をもらうことができます。まずは、そこへ電話をしましょう。 電話をしたら、ガスの栓を開けるための予約をします。この時、あなたとガスの会社の人が一緒にいないといけませんので、あらかじめあなたの予定を確認しておきます。 また、日本に来ることが決まった時に、事前に送出し機関か、就職する会社の人に確認をしておきましょう。 会社によっては、一時預かり金などが必要で、1万円ほど支払いが必要な場合もあります。基本的には最後に返してもらえます。ガスの料金は、コンビニエンスストアでの支払いか、銀行のあなたの口座から自動引き落としが可能です。 <よくある失敗> 住む最初の日に契約ができず、お風呂が水しか出ない! 【電気】 電気は、ガスとは違ってあなたが家に住む最初の日を伝えれば使えるようになります。こちらもガスと同じで、住む家を紹介してくれた不動産屋さんが電気会社の案内をもらうことができます。まずは、そこへ電話をしましょう。 ただし、日本の家では、ブレーカーというものがあります。これは、災害の際や、電気をお家で同時に使える電気の容量を一時的に超えてしまうと、火災などにならないように自動的に電気が使えないようにするための者です。 初めていくおうちでは、このブレーカーがOFFになったままになっています。まずは、家に入ったらこのブレーカーをONにしましょう。電気もガスと同様に、支払いはコンビニエンスストアでの支払いか、銀行のあなたの口座から自動引き落としが可能です。 【水道】 水道もガスと同じで、住む家を紹介してくれた不動産屋さんがあなたの住む家の地域の担当水道局の番号の案内をもらうことができます。まずは、そこへ電話をしましょう。 新しく住む家では、蛇口をひねればすぐに水を使うことができるようになりますが、使用を始める最初の日に電話をしましょう。まれに、水道の元栓が締まっている場合もあります。水道は、最初に使うときは1~2分程度水を出して、きれいな水が出てくるようにしましょう。 水道もガスと同様に、支払いはコンビニエンスストアでの支払いか、銀行のあなたの口座から自動引き落としが可能です。 ガス、電気、水道はそれぞれの手続き方法が異なっていますが、共通点があります。それは大体電話で連絡することです。日本人だったら、電話で連絡することは大したことではありませんが、日本に行ったばかりや初めて日本で引っ越しする外国人だと、「助けてください」と叫びたいほど難しく感じますよね。そのため、電話で契約手続きを進めるのに連絡する時よく使っている文を三つ紹介したいと思います。 【水道】 日本語:すみませんが、XX日お引越ししますので、水を使えるようにお願いします。 ふりかな:すみませんが、XXにちおひっこししますので、みずをつかえるようにおねがい します。 【電気】 日本語:すみませんが、XX日お引越ししますので、電気を使えるようにお願いします。 ふりかな:すみませんが、XXにちおひっこししますので、でんきをつかえるようにおねが いします。 【ガス】 日本語:すみませんが、XX日お引越ししますので、ガスを開栓お願いします。 ふりかな:すみませんが、XXにちおひっこししますので、ガスをかいせんおねがいします。