日本に行く前に、これを準備しないと…

日本に行きたかったら、どんなものを持って行った方が良いですか?日本は生活の便利さで知られているので、観光客として日本に行ったら、スーツケースしか持っていなくても大丈夫だそうです。しかし、長期間で日本に住むつもりである方々だったら、母国から日本に持って行かないといけないものが必ずありますよね。今回、台湾人を例として、台湾から日本に行く時、どのようなものを持っていくべきかを紹介します。 【印鑑・ハンコ」 日本でハンコ文化があり、ハンコは何をするのにもはんこがいるほど使われています。そのため、日本のハンコには色々種類があります。このような状況で、日本に行ってからハンコを買っても良いはずなのに、どうして台湾で買うべきですか?それはコーストの考えなんです。台湾でハンコ1本300円くらいで買えますが、日本でハンコ1本の値段は少なくとも2000円になります。その上、台湾でハンコを作るのにかかった時間も日本より短いです。コーストと便利さの面から考えると、台湾でハンコを買った方がスマートだと思います。 ただし、日本のハンコは種類によって使えると使えない場合があるので、台湾で日本用のハンコを買う時、気を付けないといけません。基本的なルールは丸型のハンコとフールネームを記載することという二つです。 参考として、日本でよく使われているハンコは以下の三種類です。 ● 実印:実印はハンコの中で、もっとも重要な印鑑であり、法律上・社会上の権利・義務の発生を伴います。契約書、遺産相続、不動産取引きなど重要な契約に使用します。 ● 銀行印:金融機関で利用するハンコです。銀行印は預金通帳に登録されているので、金融機関や口座ごとにハンコを使い分けることがベストです。 ● 認印:日常生活に使う一般的なハンコ。通常は姓のみを彫刻し、押印用として携帯するハンコです 【証明写真】 日本では写真館もあり、その他、証明写真機もどこにも設置していますが、どうして台湾から持った方が良いのですか?先ず、台湾の写真館は写真を撮ることから美肌加工までパッケージサービスとして販売しています。しかも、顧客に写真を渡す時、写真だけでなく、美肌加工をした写真のデータも渡します。そのおかげで、当時もらった写真を全部使っても、もう一回写真を撮る必要がありません。一方、日本の写真館で、美肌加工というサービスをもらいたかったら、追加料金でもらえる上に、写真のデータがもらえません。外国人が日本に住んでいたら、ビザの変更や就職活動などのため、証明写真を使うところが必ずあります。もし、時間があれば、母国で証明写真を撮った方がおすすめだと思います。 参考: https://livesjapan.blogspot.com/2017/06/blog-post_21.html