日本の不動産賃貸について

日本で新生活を楽しんで過ごせるように、住まいは大切です。そのため、日本に来る前に、日本にいれば住みたい地域の平均家賃を調べる、母国で一生懸命貯金している人もたくさんいますよね。ただし、日本で家を借りたら、家賃のほか払わなければならない費用もあるということがご存知でしょうか?今回、日本の賃貸の注意点について、紹介したいと思います。 【敷金】 敷金とは入居者が滞納や部屋の破損等、万が一に問題が起こった場合に備えて大家様に預けておくお金です。この費用は基本的に2ヶ月分の家賃で、もし、契約が終わった時、部屋が汚されたり設備が壊されたりしたら、修繕にかけた費用は敷金から引かれ、残ったお金を入居者に返還します。その他、ペットを飼っている場合、もう1ヶ月分の敷金を追加する可能性があるので、気をつけてください。 【礼金】 礼金は主に「お礼のお金」として払うお金です。日本での「礼金」の習慣は、戦前に定められた「地代家賃統制令」が始まりだといわれています。家賃の値上げが難しくなったので、礼金というものを設けて先にもらってしまおうというのが始まりだそうです。礼金は大体 1ヶ月分の家賃で、敷金と違い、契約終了後も戻ってきません。 【保証人・保証会社・保証料】 外国人にとって大変なのが「保証人探し」です。 日本では、外国人の人が日本で賃貸物件の契約をする場合には、日本人の保証人が必要になります。まだ、日本に来たばかりの皆さんにはこれが一番ハードルが高いと思われます。 海外では保証人という制度は少なく緊急連絡先として友人や家族の連絡先でも大丈夫な場合がほとんどですが、日本では、日本人か外国人など関係なく、保証人を用意しなければなりません。 ビジネスで来ているならば、会社の上司や同僚にお願いするといいでしょう。留学生の場合は、学校の教師などにお願いしてみましょう。 保証人が見つからない場合などは、保証会社を使うことによって契約が可能になる場合もあります。保証会社とは、借主から保証料を受け取り家賃が滞納された場合などに借主に代わって家主に支払ってくれるシステムです。保証料は大体1ヶ月分の50%~100%です。 近年在日外国人数の増加に従い、レオパレス21、Oakhouse、各種シェアハウスなど保証人が要らない外国人向けの不動産屋さんも増えてきました。なので、住まいを探す時、できる限り多くの不動産屋さんにお問い合わせ、最適な住まいを見つけましょう。