日本語のいろいろ(1)ーCovid 19

2019年の年末に起きた新型コロナウイルスはようやく落ち着くと感じますよね。皆さん、お元気ですか?毎日新型コロナウイルスに関するニュースを見ながら学んだ新しい言葉がありますか?今回は新型コロナウイルス関連の言葉を紹介したいと思います。 瀬戸際[せとぎわ] 定義 「瀬戸」は本来「狭門(せと)」という意味で、両側の陸地が接近して、海が狭くなっているところを示しました。「際」はボーダーとなるところを表します。「瀬戸」と「際」を合わせて言うと、「狭い海峡と陸の境目」という意味になります。そちらの意味から「瀬戸際」は勝負や生死のような大切な物事の分かれ目として使われています。 以下はコロナに関するニュースを例として挙げます。 例 ● 今後1~2週間が「瀬戸際」国の専門家会議が見解 ● コロナ「瀬戸際」状態は長期継続 首相、爆発的増加回避でも ● コロナの影響で、瀬戸際に立たされた企業への融資や返済猶予など、一刻も早い支援が求められる 玉虫色[たまむしいろ] 定義 元々はタマムシの翅(はね)のように、光線のぐあいで緑色や紫色などに変わって見える染め色、または織り色。その意味を伸ばして、玉虫色は見方によってどうしても解説できるあいまいな表現などに譬えられます。 以下はコロナに関するニュースを例として挙げます。 例 ● “玉虫色”見解の新型コロナ専門家会議~緊張感の持続が必要と読むべきか ● 再流行恐れ、玉虫色の余地 専門家会議が14日に提言した緊急事態宣言の解除基準 また、瀬戸際や玉虫色のようなより難しい言葉のほか、もしこれから日本に行く予定があったら、念のため知った方が良い言葉リストも紹介したいと思います。 【日本語】新型コロナウイルス【ふりかな】しんがたコロナウイルス【中国語】新型冠狀肺炎 【日本語】ウイルス【ふりかな】ウイルス【中国語】病毒 【日本語】インフルエンザ【ふりかな】インフルエンザ【中国語】流感 【日本語】風邪【ふりかな】かぜ【中国語】感冒 【日本語】濃厚接触者【ふりかな】のうこうせっしょくしゃ【中国語】親密接觸者 【日本語】感染確認【ふりかな】かんせんかくにん【中国語】確診 【日本語】感染者【ふりかな】かんせんしゃ【中国語】感忍者 【日本語】症状【ふりかな】しょうじょう【中国語】症狀 【日本語】発熱【ふりかな】はつねつ【中国語】發燒 【日本語】頭が痛い【ふりかな】あたまがいたい【中国語】頭痛 【日本語】体がだるい【ふりかな】からだがだるい【中国語】倦怠感 【日本語】筋肉が痛い【ふりかな】きんにくがいたい【中国語】肌肉痠痛 【日本語】喉が痛い【ふりかな】のどがいたい【中国語】喉嚨痛 【日本語】咳が出そう【ふりかな】せきがでそう【中国語】想咳嗽 【日本語】鼻水が出る【ふりかな】はなみずがでる【中国語】流鼻水 【日本語】鼻づまり【ふりかな】はなづまり【中国語】鼻塞 【日本語】ムカムカする【ふりかな】ムカムカする【中国語】想吐 【日本語】下痢をする【ふりかな】げりをする【中国語】拉肚子 【日本語】マスク【ふりかな】マスク【中国語】口罩 【日本語】消毒液【ふりかな】しょうどくえき【中国語】消毒水 【日本語】アルコール【ふりかな】アルコール【中国語】酒精 参考: https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E7%80%AC%E6%88%B8%E9%9A%9B/ リンクテスト https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/politics/kyodo_nor-2020040101002119.html https://kotobank.jp/word/%E7%8E%89%E8%99%AB%E8%89%B2-562903